MDVコンシューマー・
ヘルスケアについて

MDVコンシューマー・ヘルスケア株式会社シンボル

すべての人が
「華やかに強く美しく
あるように。

Our Way

 人は、ひとりひとりが健やかでありたい、美しくありたいという普遍的な欲求を持っています。そして、美と健康は人を鼓舞し、輝かせ、生きることのときめきや勇気さえ育みます。
 当社は、人々の「華やかに、強く、美しく」ありたい思いを真摯に受けとめ、そして、誠実に応えるために独自性のあるマーケティングと「EBM:Evidence-Based Medicine(根拠に基づく医療)」に基づき、革新的な製品と人が輝く生活文化を創造し続けることを使命とします。すべての人が、「華やかに、強く、美しく」あるように。

 「Our Way」を実現するため、当社および社員は、経営方針および事業方針に基づき、国の内外を問わず、人権を尊重するとともに、すべての法令、行動規範およびその精神を遵守し、高い倫理観をもって行動します。

経営方針

代表挨拶

代表取締役社長  本多功征

 皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 当社は、人々の「華やかに、強く、美しく」ありたい思いを真摯に受けとめ、そして、誠実に応えるために独自性のあるマーケティングと「EBM:Evidence-Based Medicine(根拠に基づく医療)」に基づき、革新的な製品と人が輝く生活文化を創造し続けることを使命とし設立しました。

 そのためには、未充足なヘルスケアニーズを的確に捉え、わが国の臨床現場の評価を反映したH&BC製品やヘルスケア産業向けサービスを迅速に提供していくことが、これまで以上に求められていると考えており、設立理念である「Our Way」の実現に向けて事業を推進致して参ります。

 家庭薬に端を発するH&BC製品は、生活者の健康を支えてくれる生活必需品として古くから慣れ親しまれてきました。H&BC製品の変遷を振り返ると、そこには疾病を治すだけではなく予防や養生の手助けも担ってきたと言えます。
 一方、近年は、医療費抑制や規制緩和の政策を背景に医療用医薬品に使われていた成分を含むスイッチOTCや、医療用としての使用経験を経ずに市販用として開発されたダイレクトOTCが次々と市場に登場しています。
 医療用医薬品は歴史的にみれば、洋の東西を問わず教科書や文献の記述、あるいは先人の経験をよりどころにして医療行為を行ってきたのであって、この意味では「EBM:Evidence-Based Medicine」(根拠に基づく医療)がなされたことに気づきます。
 一方、OTC医薬品をはじめとしたH&BC製品は“モノの動き”と“ヒトの気持ち”のマーケティングが主流であり、集団を対象とした、疾病の秩序、いわゆる疫学について統計的・科学的に立証された根拠に基づく洞察はあまりなされてこなかったようにおもいます。H&BC製品のマーケティングをより普遍的なものとするための努力や研鑽が必要であることは論を俟ちません。そのためのひとつの手法として、様々な困難や矛盾を乗り越えて、H&BC製品の有用性を客観的に示す意義があり、客観的な薬効・病態評価を「EBM:Evidence-Based Medicine(根拠に基づく医療)」という観点で捕捉したH&BC製品の登場が望まれています。

 これからも生活者の皆様、ヘルスケア産業の皆様及び、全てのステークホルダーの期待にお応えし、信頼して頂けるよう、引き続きたゆまぬ努力を続けてまいります。皆さまのより一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。
代表取締役社長 本多功征